JET’s GALLERY

vintage & antique Planet Platinumの看板犬
フレンチブルドッグ"JET(ジェット)"とのとびきり幸せな日常

<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

JET's Karte#2

 2011年11月~にJETが体験した病気についてまとめた記事です。
(経過も随時更新していきます  最終更新:2012年5月10日)

もしこれから同じような症例にかかるかもしれない方へ、一つの参考例としてお読みいただければ幸いです。



■病名  口腔内エプリース(肉芽腫)

■症状 今のところ自覚症状なし 
検査の結果はガンなどの悪性腫瘍ではなく肉芽腫であることが判明したが、進行が外側ではなく、上顎から鼻、そして脳へ向かう傾向にあるため、今後のリスクが非常にあり危険な状態と判断される。

■治療 
CT、MRI検査
短鼻種のため切開や切断が出来ず、カテーテルを挿入しての血管塞栓術と、定期的な放射線治療(の予定でした)



--------------病気の経緯--------------------

2011年11月末
症状:歯磨きの際に左の上顎に歯茎の以上な腫れを発見。
診断:病院でレントゲン検査の結果、歯槽膿漏や歯肉炎等ではなく腫瘍と判断。組織をとって大学病院で検査。
治療:とりあえずの抗生物質。


2012年1月15日
症状:腫瘍の進行はあまり見られない。自覚症状もあいかわらずない。
診断:大学病院で検査入院、
CT、MRI検査の結果ガンなどの悪性腫瘍ではなく肉芽腫であることが判明したが、進行が外側ではなく、上顎から鼻、そして脳へ向かう傾向にあるため、今後のリスクが非常にあり危険な状態と判断される。短鼻種のため切開や切除が出来ないため国内ではあまり例のないカテーテルを挿入しての血管塞栓術と、定期的な放射線治療を行う方向で、春をめどに大学側の準備が整ってから入院手術になることがきまる
治療:とりあえずの抗生物質のみ。


2012年4月19日
症状:腫瘍の進行はあまり見られないが少し大きくなっている。自覚症状もあいかわらずない。
診断:大学病院へ入院。かねてから大学側で準備してもらっていた
カテーテルを挿入しての血管塞栓術と、定期的な放射線治療を行う予定。退院は5月末。


2012年4月25日
手術前の検査のため麻酔してのCTとMRIの予定日に呼吸困難を起こす。
麻酔のため前日から食事を抜いていたが、興奮し嘔吐した吐瀉物を気管内に吸い込み呼吸困難になる。眼振と高熱になり肺水腫の危険性がでて、一時命が危険な状態になる。集中治療室で処置をしてもらい、一命をとりとめた。
体調が安定したため、そのまま夕方に麻酔し、CTとMRI検査を受ける。


2012年4月28日
ICUから一般病棟へ移動。点滴が外れる
診断:CT、MRI検査の結果はあまり変化なし。
ただし呼吸困難になった今回の誤嚥の原因が、てんかんをおこしたからではないかと疑う。
以前手術を受けている右耳の鼓室胞と脳の何かしらの影響も浮上。
また今回の誤嚥による呼吸困難は、たまたま前回の手術の際に気管を広げるような処置を行っていたことが幸いしたことがわかった。


2012年4月30日ー5月10日現在
GWの兼ね合いで一度退院する。
症状:自覚症状はない。
診断:口腔内の肉芽腫の治療のための入院だったが、そちらより右中耳の治療の方が先決かもしれないとのこと。全耳道摘出の手術を検討中。
治療:抗生物質を服用中。


About the sickness : comments(0) : - :photo by PlanetPlatinum

Many thanks.


コメントをくださった皆様、ありがとうございました。
本当に心臓が持たないくらいに緊張した数日間でした。

昨日、JETは無事ICUをでて一般の治療室に移ることが出来ました。
現在は点滴もはずれ、食事が少しずつできるようになったようです。
そしてGWの兼ね合いもあり、明日、一度仙台へ連れ帰ることになりました。

治療プランは練り直しです。
というのも、本来の目的であった口腔内の進行性の肉芽腫ではなく、今回急変したのは2年前に手術をした右耳の耳道切開の部分が脳の近くでどうやら悪さをしているらしいのです。

詳細は後ほど。
まずは、遠路を一人で迎えにいったTUGUさんとJETが無事帰ってくることを祈るばかりです。

本当にありがとうございました。

About the sickness : comments(1) : - :photo by PlanetPlatinum

I wanna sleep with you.



東北は桜がまだ咲いていなくて、一足早い梅の香りにつられて公園へ行ったのはつい先週の事です。

その次の日「春になったら」と約束していた青森の大学病院へJETを預けに行きました。

少しの入院と、手術。
手術の内容は短頭種としては例外の病気であるために、ある意味実験的な臨床手術のようなものの予定で、そしてその後は継続的な放射線治療のはずでした。

ところが当日の今日になって肝心の手術どころではない急変の連絡がありました。
心臓がドキドキして自分の内蔵が口から飛び出るんじゃないかというくらいの緊張と恐怖でした。

一日のほとんどが空白で何も覚えていません。そんな一日の終わりにやっと病院から連絡がありました。
「ひとまず安定して覚醒しました」

まだ安心はできません。
治療のプランも全部振り出しに戻りました。

どうしたらいいのか、今はひたすらJETに会いたいです。
About the sickness : comments(10) : - :photo by PlanetPlatinum

new year's bad news

みなさん、あけましておめでとうございます☆

年末年始の私たち家族におこったこと。
やっと整理がついたので掲載します。

 
JETの口の中に異様な塊を見つけたのは昨年の12月初めのこと。
歯肉炎とかかな?
あまり深刻にはならず、でも翌日にはすぐに病院へ行きました。

素人の私たちにはそのことの重大さがわかっていなかったのです。
口の中の腫瘍はほとんどが「よくないもの」だと先生から告げられます。
レントゲンをとってもよくわからない。
先生の決断は早かった。
「大学病院で精密検査を受けた方よいでしょう」
その言葉を聞いた瞬間、私たちは凍り付き、いろいろなことを思いました。

それから二転三転、年末年始の大学病院の都合がなかなかあわず
私たちは不安で落ち着かない年越しを過ごしました。

2012年1月12日、前回の耳道切開を担当してくれた北里大学獣医学部付属病院の先生とやっとアポがとれ、検査をしてもらってきました。
前回の手術後の経過観察も兼ねて、CTとMRI。
もう何回JETは麻酔を受けたんだろう。


そして、1日入院し、翌日に検査結果が出ました。
しかし結果はあまりにも悲しいものでした。
「画像を解析する限り、今現在は手の施しようがない病気の可能性が高いでしょう。効果的な手術や治療法は今のところなく、放射線治療を試してみるか、それ以外と行っても治験的な処置を試みるくらいです。もちろん病理検査をもっと詳しくしてみて詳細は10日後くらいにお話します」

なぜ?どうして?
神様はJETにばかり意地悪をしているような気がして、腹が立ったり、悲しくなったり、頭の中は大混乱でした。

少し日にちが経ったので、気持ちを整理してBLOGへ載せました。
前回の時と違ってJETはとても元気です。
ご飯も食べる、散歩もお仕事も行きます。おねだりも睡眠もわがままもいつもと一緒。

今は次の詳細な病理検査の結果に希望を持っています。
もしかしたら満塁逆転ホームランのように、すべてがひっくり返るような結果が出るかもしれないから。

病名や検査結果はおってBLOGに掲載できればと思います。
「後悔先に立たず」前にJETが瀕死の状態になったときに強く思ったことです。
だからこの2年、私たちは後悔のないようにJETと生きてきました。
後悔するようなことはありません。「もしあのとき」なんてことは少しも思いません。
でもだからといって諦めるわけにはいかない。

まだ6歳、もっともっと幸せな時間を共有できるはず。

About the sickness : comments(12) : - :photo by PlanetPlatinum

それで、結果は?

CA392198.jpg
今回はCTとMRIの検査をしてきたJETですが、
ところで、結果はどうだったかといえば…

「良くも、しかし決して去年のような悪い状態でもない。」
でした。

手術した右耳側は、昨年の悪いものは取り除いたものの、
そこに細菌が溜まりやすくなっていて、いつでも再発する要素が一杯。

今は健康な左耳側にも危険因子を、他の子よりは多く抱えている。

このまま”少し具合が悪い状態”がずっと彼の人生に付きまとうのか、
それとも”すごく悪い状態”にまたなって生死の境をさまようことになるのか、わからない。
難解な診断画像を見ながら、私達はお医者様に説明を受けました。

絶対的な処置や治療が今現在ないということは、ただただ見守るしかないということ。

何も変えてあげられない不甲斐ない自分に少し腹立たしく思いながらも、
JETの顔を見ていると、本当にこの子は病気なんだろうかと思えてくるほど
のんきな表情をしています。

健康な人間だって、明日死ぬことがある。
不治の病にかかりながら、予想以上に長く生きる人がいる。
未来はまったく予測が出来ない。そんなものなのかもしれません。

それならそれで、受け入れて、しっかり見守っていくのが私達の役目です。
どうか神様、毎日めいっぱいこの子を愛します。
だからこの子が、気持ちよく眠り、おいしくご飯を食べて、
心穏やかにすごせる時間が少しでも長く続きますように。

CA392196.jpg
また、耳の周りをハゲチャビンにされました。
風通しを良くしないとね☆

About the sickness : comments(6) : - :photo by PlanetPlatinum

His Smile

CA392199.jpg
青森から帰る途中のこと。

私の隣を見ると、すやすやと眠るJETの顔。
あら、笑顔だわ☆

一泊検査入院はなかなかのストレスだったようで、眠れなかったのでしょう。
高速道路ではなくて、青森から国道4号線を南下する下道を選んだ私達は
6時間の道のりを、のんびり車で移動。

その間JETは、時折私達の顔を確認して、私の体のどこかしら一部にそっと体を寄せながら、
ずっと、こうして眠っていました。

少し心細かったんだね。
おつかれさま。



About the sickness : comments(0) : - :photo by PlanetPlatinum

病気の経過

ご心配をおかけしてごめんなさい。

JETの容態は今のところとりあえず落ち着いています。

ちょっと足元がふらついたり、水を上手に飲めなかったり、首をプルプル振れなかったり。
ときおり、船酔いしたような表情になると、内心冷や冷やします。

「また大学病院か!?」と心の準備はしつつも、去年の最悪な頃に比べれば、食事も何とかできているので、JETの体力を信じたいところです。

もっと母として強くならなければいけません!



先日、ひさしぶりに「ヒヅメ」を堪能したときのJET。

はしゃぎすぎて、ずっと持ち歩いていました(笑)

さて、このJETがポフッとなっているお布団。

実はこんな風にも使います↓


具合が悪いときなどは、そのままお布団でくるんで移動しちゃえ!

「空飛ぶ布団」 「瞬間移動布団マシーン」など我が家で呼び名はいろいろですが、

一番のネーミング大賞は「ホットドッグ」です。

マスタードとケチャップが似合うでしょ。





About the sickness : comments(4) : - :photo by PlanetPlatinum

お医者さんごっこはまだ続く

 
さて、病院の先生より…

・やっぱり、ほとんどのタイプの抗生物質にたいして抗体が出来ている為、効果の得られる薬が極端に少なくなっている。

・耳は…先日のような急変をしない限りは命に別状はないけれど、何故手術で空っぽになった右耳にこうも菌が繁殖し膿が出るのかは不明で、やっぱりCTとMRIは近いうちにもう1度撮り、その結果にあわせて処置をしないといけないでしょう。

・県内のそういった設備があるところでも、大学病院ほど最新機器がないためおそらく判断できない結果しか出ないため2度手間になるでしょう。


「だって、ERIちゃん、シャシンとってないで ちゃんときいててよね」

ハイ。と言うわけで、青森の北里大学獣医学部付属病院行きは避けられないようです。

いま今すぐにではないけれど、春前までには検査に行く方向で、
とりあえず1ヶ月くらいはカテーテルを使っての洗浄と、
かろうじて効果の得られる抗生物質を服用して様子をみることになりました。

ごっそりと注射器と薬を持ち帰る我が家。

このあいだほど急を要するものではないけれど、どうせ行くなら早いほうがいいのかな。
どなたか、青森・八戸・十和田方面の天気と道路事情を教えてください。
東北人といえど、北国の豪雪道は怖いです(泣)


About the sickness : comments(0) : - :photo by PlanetPlatinum

LIVE!


「みなさん、しんぱいかけて ごめんなさい。 JETは いきてましたぁ〜」


ここ数日たくさんの方にご心配をおかけして、本当にもうしわけございません。
検査結果はまだでていませんが、毎日自宅でケアを続け、今のところとても落ち着いています。

先日の病状ですが、
簡単に言うと前回手術した右耳の奥にまた膿がたまり、
それがまたまた神経を圧迫して、顔面の痙攣と額関節付近の神経に触って痛みがあったようで、口をあけることが出来なり、食欲減退に睡眠不足。
そして応急処置で抗生物質を投与し、炎症が少し引いたところで、溜まっていた膿が血と共にあふれ出したようです。

「悪いものは全部流してしまった方がいい!」ということで、毎日耳にカテーテルを入れて洗浄しています。

目に光が戻り、表情もだいぶ明るくなりました。
すやすやと穏やかに寝息を立てている姿は、私達にとって何よりの救いです。

今は栄養をうんとつけて、体力を戻し、
小さなサインを見逃さないように見守ってあげたいと思います。

About the sickness : comments(12) : - :photo by PlanetPlatinum

AGAIN

 
実は話がさかのぼること31日大晦日の夜のこと。

何の予兆もなく、JETの体調がまた少し悪くなりました。(詳しい症状と経過はこちらに追記しました。)

眠れない大晦日、1月1日の正月をすごし、
1月2日から怒涛の初売りが始まり、仕方なくお店に連れて行き寝かせ様子見。
翌日3日、前日と同じく初売り真っ最中に、お店で急変。

手術した右耳から突如血があふれ出し、
慌てふためいて、初売りで忙しいお店を投げ捨てて、掛かり付けの獣医さんに駆け込みました。

幸い今すぐ命に関わる緊急の状況ではありませんでした。
今日現在、容態は落ち着き、検査の結果を待っているところです。
初売りも終わり、昨日から家でTUGUさんに付き添ってもらい安静にしています。

元旦あたりのピーク時よりは大分よくなったようで、JET自身はケロッとしていますが不安は募る一方です。

検査結果次第ではこんな時期に、また青森まで精密検査を受けに行かなければいけないかも…

応急処置用に家で使うもの一式を渡されました。
中には注射針やカテーテル(?)、生理食塩水、飲み薬…

とりあえず、この歳になって、自分はお医者さんごっこがあまり得意ではないことだけは判明。
About the sickness : comments(14) : - :photo by PlanetPlatinum

blog information

>> Archives
>> Recommend
>> Mobile
qrcode
1 / 2 >> BackNumber
About us

His name: JET(ジェット)

Sex: ♂

Type: French Bulldog

Job: PlanetPlatinum看板犬

His Mother: ERI
Handle name: プラプラ/JETママ
Job: Planet Platinum
 

 

and His Father: TUGUさん
Life work


このページの先頭へ